MENU

子供の口臭と原因を正しく理解しよう!

 

子供の口臭の原因は
何かの病気かも??と心配になられている方も
多いと思います。

 

そこで、今回は
子供の口臭に考えられる病気について説明していきます。

 

「副鼻腔炎」

 

副鼻腔炎とは
通称、蓄膿症と言います。
膿が溜まってしまっている状態です。

 

子供が、鼻が詰まって口呼吸をしている時
よだれが臭かったりすると
この可能性が高いです。

 

鼻の奥に膿がたまってしまい
それ事態も匂いますし
鼻がつまり、口呼吸になることで
よりきつい口臭になってしまうんですね。

 

鼻づまりが、なかなか治らずに
口呼吸ばかりになってしまっている場合は、
耳鼻科で見てもらうと良いですよ。

 

「胃腸、便秘」

 

歯医者でも、耳鼻科でも
問題ない、分からないなど言われ
原因が分からない場合は
小児科で一度見てもらうことをオススメします。

 

口臭は、便秘や胃腸の調子が悪い時もおこります。

 

便秘ですと、
口臭がよりきつくなってしまったり、
まれに便のような口臭がすると言われる方もいます。

 

ですが、
お腹に溜まりすぎた便が匂っているわけでは
ありませんので、考えすぎないようにしてくださいね。

 

この場合
口臭よりも、便秘のほうが心配ですね。

 

水分を多めに取らせたり、
消化が早い食べ物にしてあげたり
便秘を改善させてあげると良いですよ。

 

 

「体調が優れない」

 

子供の体調が悪いときに
口臭がきになるときってないですか?

 

体調が悪いと
免疫力が低下してしまいます。

 

すると、お口の中の菌が増えてしまうんです。
それにより、口臭がきつくなってしまいます。

 

いつもはまったく気にならないのに、
突然口臭が気になる場合は、
体調が悪いなどのサインかもしれません。

 

この場合は、小児科がオススメですね。

 

 

 

 

こうしてみてみると
子供の口臭の原因は
大人とはまったく違う原因によることが分かりますね。

 

もし、子供の口臭が気になる場合は
どうすればよいか?↓

 

○お口の掃除はきちんと出来ているか
歯磨きの最後は、お母さんがチェックしてあげましょう

 

○口呼吸になってしまっていないか
鼻呼吸ではなく
口呼吸になってしまっている場合は
口呼吸を直してあげましょう。
鼻づまりの場合は、耳鼻科へ受診しましょう

 

○お口のお掃除もOK、口呼吸もしていない場合
体調は悪くないか、
便秘などは大丈夫かチェックしてあげましょう。
その場合は、小児科へ受診してあげましょう。

 

 

 

子供の口臭が気になった場合は
まず、生活習慣を見直してみてくださいね!

 

口臭がしていると
いじめにあわないか?など
お母さんが一番心配されると思いますが、
気にしすぎも良くありません。

 

デリケートな部分ですので
口臭がどうしても気になるようでしたら、
生活習慣を見直した後に
医師に相談して、解決していきましょう。

 

関連ページ

生活習慣を変えれば子供の口臭は治る?
子供の生活習慣を正せば口臭を改善することができるのか?知りたい情報たくさん!
原因情報まとめ
子供の口臭は原因をたどると一つです。こちらでその一つをチェック!