MENU

子供の口臭の原因で知っておいてもらいたい情報まとめ

 

子供の口臭には、
様々な原因があります。

 

そして、その原因によって
とるべき対策も、受診すべき診療科まで
変わってくるんです。

 

ですから、
「なんだか最近子供の口臭が気になる・・・」
と思い始めたなら
はじめに口臭の原因を突き止めてあげることが大切です。

 

なかなか、デリケートな問題なので
早めに対応してあげると良いですよ。

 

 

「子供の口臭の原因は?」

 

○歯磨きがうまく出来ていない
歯が生えてきたら
きちんと歯磨きをする習慣をつけてあげましょう。
歯磨きをしっかりと出来ていないと
汚れがたまり、口臭の原因となってしまいます。

 

それだけでなく、虫歯や歯周病の
原因にまでなってしまうので
歯磨きの最後は、お母さんがチェックしてあげると良いですよ。

 

そして、歯磨きをしたときに
歯茎から血が出てしまっていませんか?
これは歯周病になりかけているので、
小児歯科へ受診してあげましょう。
歯周病が、口臭の原因になってしまいます。

 

○口呼吸
口臭の最大原因が、口呼吸です。
口呼吸で、口の中が乾燥し、口臭の原因となってしまいます。

 

唾液には、口臭を予防する役割などもあるため
唾液が少なくなってしまうことで
口臭の原因になります。
それ以外にも、唾液が少なくなっている状態は
お口にとって、良くない環境です。

 

そして、子供は舌や口の筋肉がまだまだ十分ではありません。
これが原因で、口をぽかーんと開けやすい状態になってしまいます。
そして、口呼吸になってしまいます。

 

ですが、この場合は
一時的に口呼吸になっているように思いますが、
口呼吸が癖になっている場合が多いです。
鼻呼吸にさせるために、
お口の周りの筋肉を鍛えてあげましょう。
鍛えるには、
お口を大きく開けながら、
あ、い、う、え、お、と
一つずつゆっくり発音していくことで
筋肉を鍛えることができますよ。

 

 

 

○鼻の病気
実は、口臭の原因に
鼻づまりなどの鼻の病気が関係することもあります。
鼻づまりになってしまうことで
口呼吸になってしまい、
口臭の原因となってしまうのです。

 

小さい子供は、特に自分で鼻をかんだりできないため、
鼻が一日中詰まってしまった状態で
一日中、口呼吸になったりしてしまいます。
はやめに、耳鼻科を受診してあげると良いですよ。

 

鼻づまり以外でも、風邪などの症状がある場合は、
小児科を受診するのが良いですね。

 

 

○食べ物
これは、子供だけでなく大人にも言えることですが、
匂いがきつい食べ物を食べた後などは、
口臭がきつくなってしまいますね。
そんな食べ物を食べた後は
しっかりと歯磨きをさせてあげると良いです。

 

○胃腸の病気
歯磨きも、しっかりとしていて
口呼吸もしていない・・・

 

口臭の原因が見当たらない場合は、
もしかすると
胃腸など、内臓系の病気にかかってしまっているかもしれません。
いちど、小児科を受診してみると安心です。

 

胃の病気にかかってしまっていると、
食べたものが、なかなか消化されずに
胃の中で発酵してしまいます。
これが、口臭の原因となってしまいます。

 

関連ページ

生活習慣を変えれば子供の口臭は治る?
子供の生活習慣を正せば口臭を改善することができるのか?知りたい情報たくさん!
口臭と病気【子供編】
子供の口臭はある病気の可能性も。こちらでは口腔トラブルの病気を解説しています。