MENU

子供の口臭で悩んでいるなら食生活など、生活習慣を変えてみてはいかがですか?

 

子供とのスキンシップをしていると時に
ふわっと匂ってしまった、子供の口臭。

 

まだ、小さいのになんで?
と不安になられるお母さんも多いと思います。

 

子供の口臭の原因は、
歯磨きがうまく出来ていない事や、
鼻づまり、口呼吸などが原因になっている場合が多いです。

 

まずは、口臭で
悩まないようにしてあげたいですよね。

 

そこで、今回は
子供の口臭の予防について詳しく説明していきます。
生活習慣から、見直していきましょう。

 

「口呼吸」

 

口呼吸は、口臭がする大きな原因です。
そして、最近口呼吸をしてしまう子供が増えてきてしまっているんです。
もし、口呼吸を普段からしてしまっている場合は、
口呼吸を直すトレーニングをしてあげましょう。

 

口呼吸をしてしまうと
唾液が乾燥してしまい、口の中が乾燥してしまいます。
このようになってしまうと、唾液が少ない状態になってしまい
お口にとって、とても良くない環境になってしまいます。
唾液は、抗菌などを行ってくれるので
唾液を乾かさないだけで
口臭の予防になるのです。

 

 

「歯磨き」

 

子供って、なかなか上手に歯磨きをすることが出来ませんよね。
ですから、最初のうちは
仕上げをお母さんがしてあげている方も多いと思います。
ですが、小学生になってからは
一人で歯磨きをすませてしまうお子さんが多いようです。

 

ですが、まだまだ子供は
虫歯などの意識は薄いですし
歯磨きを面倒くさがって、適当にやりがちです。
すると、食べかすなどが残ってしまい
口臭がしてしまう原因となってしまうのです。

 

小さいうちは、しっかりと
最後のチェックをしてあげてください。

 

 

「歯並び」

 

知らない人も多いと思いますが、
子供の口臭は、歯並びの悪さも関係してしまいます。
特に、口呼吸ばかりしてしまったり
柔らかいものばかり食べていると、
口の周りの筋肉の成長が妨げられ
歯並びまで悪くなってしまいます。

 

どうして、歯並びが口臭の原因になるのかというと
歯並びが悪いと
食べかすが、歯と歯の間に溜まりやすくなってしまい、
歯磨きをしても残りやすくなってしまうのです。
これにより、汚れが原因で口臭がしてしまいます。

 

まずは、口呼吸を鼻呼吸に変えてあげたり、
柔らかいものばかり食べさせないようにしましょう。

 

また、歯並びが悪い場合は
特に歯磨きには気をつけてあげましょう。

 

 

関連ページ

原因情報まとめ
子供の口臭は原因をたどると一つです。こちらでその一つをチェック!
口臭と病気【子供編】
子供の口臭はある病気の可能性も。こちらでは口腔トラブルの病気を解説しています。